小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

スーパーナチュラル #13 ルート666 「Route666」

f0039573_21525677.jpg
■スーパーナチュラル 「SUPERNATURAL」
#13 ルート666 「Route666」 2006年・米

■監督 ポール・シャピロ
■製作総指揮 エリック・クリプキ
■脚本 ユージニー・ロス=レミング、ブラッド・バックナー

■キャスト
ジャレッド・パダレッキ (サム・ウィンチェスター)
ジェンセン・アクレス (ディーン・ウィンチェスター)

メガリン・エキカンウォーク (キャシー・ロビンソン→ディーンの元彼女)
ゲイリー・ヘザーリントン (ハロルド・トッド市長)
キャスリーン・ヌーン (Mrs.ロビンソン→キャシーの母)
アルヴィン・サンダース (ジミー・アンダーソン→新聞記者)
ディ・ジェイ・ジャクソン (サイラス・ドリアン→行方不明者)


<今回の事件>

ミズーリ州ケープジラード
ディーンの携帯に元彼女キャシーから「父が変死したから調べに来てほしい」との連絡が。

キャシーの話しによると、「ここ数週間で黒人が2人死亡、しかも同じ場所で。1人目は父の共同経営者クレイトン。2人目が父だった…」
以前キャシーの父が、「無人の黒いトラックに追いかけられる…」と言う幽霊話をしていたそうですが、警察では普通の事故として処理し、殺人事件の調査を行なうつもりはないようです。
しかし、サムとディーンが到着してすぐ、3人目の犠牲者が…
被害者は新聞記者のジミー、やはり黒人です。
地元の人の話では、「1960年代、黒人だけトラックに殺される事件が数件発生した」と。

数日後、今度は、トッド市長が死亡。
トッド市長は、白人である上、いつもの事故現場とは違う道での出来事です。
市長夫婦が最近購入した家と土地の所有者は、ドリアン・サイラスなる人物。
サイラスについて調べると…彼は1963年に失踪。
1960年代の黒人が狙われた連続殺人と1963年のサイラスの失踪の関連は?

深夜、キャシーが1人で家に居る時、突然外からエンジン音が…
窓から外を覗くと、黒いトラックが家に向かって威嚇する動きを見せます。
命の危険を感じたキャシーはディーンに電話でSOSを。
その後、トラックは忽然と消えてなくなりました。

ディーンは、キャシーとキャシーの母に「トラックはあなたたちを狙ってます。何故ですか?」
すると、今までディーンたちと話をしようとしなかったキャシーの母親が、「トラックの持ち主はサイラス。40年前に死んだ人…」と。
「死んだ人?サイラスは失踪では?」の問いに、やっと真相を語り始めます。

…私は、サイラスではなくマーティン(キャシーの父)を選んだ。サイラスは嫉妬に狂い、黒人を襲い始まった。私たちの結婚式の予定日、サイラスは教会に放火。教会内で合唱の練習をしていた子供たちが全員死亡した。
ある日、マーティンがサイラスに殺されそうになった時、逆にサイラスを殴り殺してしまった。マーティンとクレイトンとジミーは、サイラスの遺体と共にトラックを沼に沈めた。当時保安官だったトッド市長は真相を知っても何も言わなかった…と。

家の建築または解体で霊が暴れるケースもある…
最近サイラス所有の建物が老朽化により解体が始まった為に、サイラスの霊が活動を始めたのかもしれません。
サムとディーンは沼をさらいトラックを発見。
運転席で発見されたサイラスの遺体を燃やしますが、何故か幽霊トラックは姿を消しません。

ディーンが車に乗り幽霊トラックを引き付けている間、サムはトラックを焼却。
それでも幽霊トラックはディーンの車を追跡。
幽霊トラックが、焼けた教会跡地(聖地)を通り過ぎた瞬間に、トラックは消えてなくなりました。


***** 小六のメモ *****

今回のエピソードは、映画「激突」や「ザ・カー」風でしたね。

ディーンの元彼女が登場!
しかし何だってまぁ、ここでディーンのベッドシーンって必要なのか?
悪魔退治好きの少年少女だってテレビを観てますよ!

ディーンファンにとっては、封印してしまいたいエピソードになったのではないでしょうか…
ご愁傷様…チ~ン


★ディーンの好みって?

ディーンは基本的にはきれいな女の子が好みですね。
今回のキャシーだって美しくて頭が良くて完璧?
ただちょいと気が強そう。
ディーンは尻に敷かれたいタイプなのか?

サムは、そんなディーンを見てニヤニヤが止まりませんでしたよ。
「キャシーの父さんが死んだ!」「ジミーが死んだ!」って時に、ディーンとキャシーが会話する姿を見てはニヤニヤ…
おい、ここはお悔やみの場所だぞ、サム。
自粛しなさ~い!

キャシーってば、ディーンの事を大学時代の友人て…
その紹介はディーンにキッツイね~
しかも、事件の調査を依頼してさ~、その上全て解決してもらってね~、「ずっと後悔していたの!」ってディーンを惑わしておいてだよ~。
「私は現実的なの。私たち、やっぱり無理ねっ」って、そんなぁ、オロロ~ン…
なんつー女だ…
悪霊より怖いね。


★家業は秘密?

ウィンチェスター家の家業「悪霊退治」は誰にも言ってはいけない秘密事項。
つ~か、誰に言っても信じてもらえないだろうけど。
それなのに、ディーンが元彼女キャシーに家業をバラしていた事実に、「僕らの仕事を喋ったな!」とご立腹のサムでした。


(第14話へつづく…)
[PR]
by by569 | 2008-01-26 21:53 | スーパーナチュラル