小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

ミレニアム「Millennium」 #4 判事「The Judge」

f0039573_19592165.jpg
■ミレニアム 「Millennium」 #4 判事 「The Judge」

■監督 ランドール・ジスク
■製作総指揮 クリス・カーター
■脚本 テッド・マン

■キャスト
ランス・ヘンリクセン (フランク・ブラック)
ミーガン・ギャラガー (キャサリン・ブラック→フランクの妻)
ブリタニー・ティップレディ (ジョーダン・ブラック→フランクの娘)

クリス・エリス (ジム・ペシンアーズ→ミレニアムメンバー)
ビル・スミトロヴィッチ (ボブ・ブレッチャー→シアトル警察署長)
スティーヴン・J・ラング (ギーベルハウス捜査官)
ブライアン・マーキンソン (ティープル捜査官)
CCH・パウンダー (アンドリュース検視官)
マイケル・パットン (病理学者)
マーシャル・ベル (判事)
ジョン・ホークス (マイク・バーデール→出所したての男)
デヴィッド・フレデリックス (ジョナサン・メレン→元刑事)
J・R・ボーン (カール・ニアマン→州刑務所の常連)
ドナ・ホワイト (アニー・ティズマン→未亡人)
エヴァ・デ・ヴァイヴェリオス (アクイラ刑事)
クリステン・ウィリアムソン (連邦オフィスビルメール便担当者)
ケイト・ロビンス (マリリン→死体発見者)
ビヴァリー・エリオット (テリー→死体発見者)
ゲイブ・ノース (宅配業者)


今回の事件は…
未亡人アニー・ティズマン宛に届いた宅配荷物の中身は、人間の切り取られた舌。
過去数年の間に、人間の体の一部が送りつけられる事件は3件。
全て未解決です。
フランクは同一犯であると確信しますが…


<事件解決の鍵>

アニー・ティズマン宛に届いた舌。
後に森で発見されたジョナサン・メリンの遺体。
この遺体には舌がありませんでした。

ジョナサン・メリンの遺体検死の際、たまたま隣の検死台に乗っていた轢死体のカール・ニアマン。
フランクは、この轢死体のカールに触れた時、カールがメリンを殺害している場面が見えます。

アニー・ティズマンとジョナサン・メリン。
この2人の共通点を探ると、今から12年前、アニーの夫は、ある強盗事件で服役している過去が。
その際、ジョナサン・メリンは、アニーの夫の裁判の検察側証人であり、メリンの証言により夫が不利な状況に陥ったと言う事が判明します。

カールは世直しをしているつもりなのか?
ただ、フランクは、カールは実行犯なだけであって、処刑執行の組織があるのでは?と考えます。

同時期、連邦オフィスセンターのメール便仕分け中、人間の足が入った箱が発見。
足は膝で切断された男性のもの。
靴下に付着していた土から、足を切断した場所を割り出し、ついに被害者を見つける事が出来ましたが、既に死亡。

足切断の事件は、カールが犯人ではない、他にいる…と感じたフランクは、出所後の犯罪者がたむろするバーに行ってみる事に。
そこで、直感的にバーデールが実行犯だと判ったフランク。

カール、バーデールを操っていたのは、自称・判事。
しかし、彼はどこかへ姿を消し、最終的に逮捕する事は出来ませんでした。


***** 小六メモ *****

★フランクの妻キャサリンについて…

ソーシャルワーカーの仕事も順調に進んでいるようです。
今回のエピソードで、偶然、アニー・ティズマンがキャサリンの同僚で、アニーの夫について、キャサリンから情報を得る事が出来たフランク。

もしもこの情報がなかったとしたら、事件解決の糸口が見つかったでしょうか。
偶然の賜物ですね。


(第5話へつづく…)
[PR]
by by569 | 2008-02-22 19:59 | ミレニアム