小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

リディック 「THE CHRONICLES OF RIDDICK」

■リディック 「THE CHRONICLES OF RIDDICK」 2004年・米
リディック

■監督 デヴィッド・トゥーヒー
■製作 ヴィン・ディーゼル、スコット・クルーフ
■脚本 デヴィッド・トゥーヒー

■キャスト
ヴィン・ディーゼル (リディック)
コルム・フィオーレ (ロードマーシャル)
タンディ・ニュートン (デーム・ヴァーコ)
ジュディ・デンチ (エアリオン)
カール・アーバン (ヴァーコ)
アレクサ・ダヴァロス (キーラ/ジャック)
ライナス・ローチ (ピュリファイア)
ニック・チンルンド (トゥームズ)
キース・デヴィッド (イマム)


<あらすじ>
あらゆる惑星で指名手配中のリディックが、賞金稼ぎのグループに捕らえられ、惑星クリマトリアの地下刑務所に輸送される。
一方、暴力と殺戮で銀河系全体の制圧をもくろむ凶悪なネクロモンガー族のリーダー・ロードマーシャルは、次なる制圧地・惑星クリマトリアに軍を送るのだった。



『リディック』は『ピッチブラック』(2000)の続編ですが、映画のジャンルとしては全然違います。
『ピッチブラック』はSF系ホラーエイリアンパニックもの、『リディック』は銀河系大スペクタクルアクションもの。
従って、続編でありながら、続編ではない作品です。
全く違う映画として観て、どちらも楽しめると思います。

また、とにかくスケールも違いすぎる~
『ピッチブラック』は低予算だったのかもしれませんが、地味ながらも面白く出来ていると思います。
敵は未知のエイリアン。
危機的状況をどう乗り切るか、生き残るのは誰か、どうやって脱出船まで到達するか!
それに比べ、『リディック』は、ハリウッドが好みそうな派手さ、豪華さがあります。ほぼCGですよね。

個人的には『ピッチブラック』の方が好きです。



<以下、映画ネタのお話>

『リディック』は『ピッチブラック』の続編ですので、『ピッチブラック』を観ていないと、途中『??』となってしまうシーンもいくつかあるかもしれません?

イマムやキーラは、前作から引き続き登場しているキャラクターです。
その為、『ピッチブラック』でのエピソードがセリフに使われたりします。
キーラが『たばこ20箱で目を手術してくれる医者なんか居なかった』と言うセリフは、『ピッチブラック』で使われたシーンの続きです。

キーラと言えば!
『ピッチブラック』の時にはジャック&ジャッキーと言う名前だったのに、どうして今回、同じ人物像を描いているにもかかわらず、名前がキーラに変更なのだ?

と言うか、何で同じ女優さんを使えなかったの~?
ジャック役をやったリアナ・グリフィスでは、キーラのイメージと違ったのか…
どちらにしても前作から4年は経っているのだから、年齢的にもリアナ・グリフィスがキース役で違和感ないはずなのに。
それとも逆に断られたのだろうか。
この辺りは、個人的に残念な所です。

しかし、『リディック』で登場する敵のネクロモンガー族リーダー・ロードマーシャルは、ちょっと地味。。
強そうにも怖そうにも見えないし、イマイチ、オーラがない(こんなこと言っちゃって良い?)。
いや、ネクロモンガー全体的に地味。

ただ、ネクロモンガー族のレンザーは不気味な良い雰囲気出してましたね。
あのキャラクター最高!
レンザー覚えてますか~?
水中眼鏡みたいなのを装着して、遠~~く離れた物を追跡調査したり、ネクロモンガーに混じったリディックを見破る人。
あの人たち、神経を集中して何かを観察するとき、どうしてアキレス腱伸ばしの体勢になるんでしょう。
しかもやや上向き加減。

ネクロモンガー族は、とにかく人数も規模も大きいので、リディック独りで行動を起こす事なんて絶対に無理っぽい感じです。
と言う事は?
ネクロモンガー族の中で、誰かリディック側に付いてくれる人が居るのかな~と思って観てました。
自分の中では、ヴァーコ司令官あたりでは?と想像していたのですが、ヴァーコ司令官は、最後まで、ただ単に奥様の尻に敷かれた大人しい旦那でしたな…
完全に読みが外れた。

ヴァーコ夫人、強力な上昇志向、でも自分が上に行くためには、旦那に頑張ってもらわねば!
で、旦那様の尻を叩きっ放し。
しかし、ヴァーコ夫人って美人ですか?
映画の中でも「美しい」と表現されてましたが…ありえない
ヴァーコ夫人役のタンディ・ニュートンは、『M:I-2』(2000)のナイア・ホール役の女優さんだったんですね。
全然気づきませんでした。

さて、噂ではこのシリーズって、3部作だとか。
とすると、まだあと1作残ってますね。
どのような内容になるんでしょう。
このまま『リディック』のイメージで引っ張るしかないでしょうね。
今更、『ピッチブラック』な感じには持って行けないですし。
ヴァーコ司令官は、続編にも出るのかなぁ
奥さんに対する悩みを、リディックに相談。。なんて。

続編も楽しみです!


「ピッチ・ブラック」のレビューは、こちら
[PR]
by by569 | 2006-02-15 10:03 | ラ行