小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

CSI:科学捜査班 #3 誘拐の罠「Crate 'n' Burial」

■#3 誘拐の罠「Crate 'n' Burial」
Csi: Crime Scene Investigation - First Season

■製作 ウィリアム・ピーターセン他
■製作総指揮 ジェリー・ブラッカイマー他

■キャスト(レギュラー)
ウィリアム・ピーターセン (ギル・グリッソム)
マージ・ヘルゲンバーガー (キャサリン・ウィロウズ)
ゲイリー・ドゥーダン (ウォリック・ブラウン)
ジョージ・イーズ (ニック・ストークス)
ジョージャ・フォックス (サラ・サイドル)
ポール・ギルフォイル (ジム・ブラス)

■キャスト(ゲスト)
エリック・アンダーソン (ジャック・ギャラス→大富豪)
ジョリーン・ブラロック (ローラ・ギャラス→ジャックの妻)
ハミルトン・ワッツ (チップ→スポーツトレーナー)
ジョン・ビーズリー (チャールズ・ムーア→ひき逃げの加害者)
サム・ジョーンズⅢ (ジェームス・ムーア→チャールズの孫)
マディソン・マクレイノルズ (リンゼイ・ウィロウズ→キャサリンの娘)
エリック・ズマンダ (グレッグ・サンダース→CSIスタッフ)
ジュディス・スコット (ジェンナ・ウィリアムズ→検死解剖医)


<あらすじ>

身代金目的の誘拐事件が発生。
ブラス刑事、グリッソム、ニック、サラが現場に駆けつける。
犯人の要求通りの身代金受け渡し場所に現れた、野球帽を被った男を逮捕するが、ただゴミ箱に捨ててあったバッグを拾っただけと主張。

一方、キックボードに乗っていた少女がひき逃げされる。
現場に向かったキャサリンとウォリックは、被害少女の足に残されたナンバープレートの一部の文字から、ひき逃げ犯の証拠を見つけ事故車を突き止める。



この第3話で懐かしい人が登場しました。
妻を誘拐された大富豪、ジャック・ギャラス役のエリック・アンダーソン。
ドラマを見ながら、「この人、どっかで見たな~」ってずっと気になっていたんですが。
なんとなんと、『13日の金曜日・完結編』に出てました!
あぁ~思い出してスッキリしたー
家族の誰かをジェイソンに殺されて、その復讐のためにジェイソンを追い続けている青年役じゃなかったでしたっけ?

ま、そんな話は置いといて、今回は妻を誘拐された可哀想な夫役です。
妻の身を案じるあまり、ブラス刑事の制止も無視して、身代金受け渡し場所に現金を置いて来ます。
警察の言う通りにしていた方が良いのに。。
生きたまま土に埋められてた奥さんを、グリッソムとサラが見つけなかったら、本当に危なかったですよ。
現金は帰って来たかもしれませんが、妻は帰って来ないって事になるところでしたよね。
って、結局、妻は帰って来られなくなっちゃいましたが。
悪い事は出来ません。

サラは、「観察力が鋭い」と認めてもらいたい、少しでもグリッソムの力になりたいと、頑張って捜査に参加してますね~
まだ、グリッソムの態度は、生徒に教えている教官風です。
今後どのように発展するのか期待です。
(関係は発展するのかな?)

さて、今回も、キャサリンは母の顔を見せてくれます。
娘と同年代の可愛い少女がひき逃げされ、しかも自分の娘が欲しがっているキックボードに乗っている時の事故だったので、キャサリンは、絶対に犯人を突き止めてやる!と躍起になっています。

犯人は、老人のチャールズ・ムーアでした。
しかし調べを進めるうちに、運転していたのはまだ10代のチャールズの孫・ジェームスだと気づきます。
あくまで運転していたのは自分だと言い張るチャールズ。
孫はとてもいい子で、将来もある。
このまま、チャールズの自白通り、「運転していたのはチャールズ」で良いのではないか?
と、大胆にもキャサリンはウォリックに提案。
ここでも、青少年の味方のキャサリン。

「一度事実を曲げてしまったら、今後もそうしてしまうかもしれない。事実を追求するのが自分たちの仕事」と、ウォリックに言われ、キャサリンは苦しい決断をします。
まあ、CSIとしては判断が間違っているかもしれませんが、キャサリンはどうしても青少年たちの親の気持ちになって考えてしまうんですね。

そんな優しい一面を持っているかと思いきや、相変わらず、サラには冷たい態度のキャサリン。
ちょっと、どうしたのかなぁ~?
ただ単に部外者の人に自分たちのテリトリーを荒らされてるような感覚で嫌っているのか、まさか、ヤキモチではないでしょうに。
いやいや、キャサリンが、グリッソムを好きだと言う事はもちろんないですが、何となくサラが、「上司に気に入られている部下」って感じが気に入らない原因なのでしょうかね。
そう言う心理ってあるかもしれません。

事件とは関係ありませんが、キャサリンの娘・リンゼイのバースデーと言うエピソードがありました。
みんなでパーティーしてあげるのが恒例なのかい?
CSI内の冷蔵庫にケーキが置いてあったし、グリッソムとニックもプレゼント用意していたし。

。。って!
どうして女の子に化学セットなの?
しかも、どうして、同じ製品?
あれって、CSIの売店にでも売ってるのかな。




~なんか、あの化学セット欲しい。



<ちょいと新発見&簡単メモ>

1)グリッソムはコロンを付けた事が一度もない(らしい)
2)グリッソムは盗聴専門? サラが「盗聴専門なのに、どうして金(きん)について詳しいの?」って聞いているシーンあり。
「とうちょう」って聞こえたんですが、違ったらスミマセン。。
3)この時期はキックボードが流行っていた。キャサリンの娘が「持っていないのは私だけ」と言っているシーンあり。
[PR]
by by569 | 2006-02-15 10:17 | CSI:科学捜査班